会社の部長が教える勤怠管理方法は古い

会社の部長が教える勤怠管理方法なんて古すぎます。今どきタイムカードを押して出金管理をするなんて遅れていると思います。今はインターネットを利用した勤怠管理をすることが新しい方法で、正確な出勤管理ができます。タイムカードは時間が若干ずれているので、朝なんかはギリギリセーフかと思いきやタイムカードには遅刻の時間が刻印されてしまうこともしばしばあります。時間ギリギリに出勤する方も悪いのですが、あまりにも理不尽なタイムカードに思えることがあるのが現状でしょう。その点、パソコンで正確な出勤状況を把握することができるため、仕事が集中している部門により多くの人員を配置することの検討がしやすくなります。また、不必要な残業も管理することができるため、無駄な残業代を支払うリスクが減るメリットが会社側にはあります。働く側にとっては、きちんと残業代を請求する根拠になるし、労働基準法に違反するような労働環境をなくすために一役買うシステムになるだろうと思います。自分が使っているパソコンに自分のICカードを差し込むことで実際の出勤状況を管理するシステムなので、代理打刻の心配が会社側から無くなることがメリットでもあります。

但し、部門によっては各自にパソコンが与えられていないことがあるため、全社的に採用することが難しい会社もあると思います。私が勤める流通業の会社は配送部門では各自がパソコンを与える環境にないため、このシステムは該当しません。ただ、内勤業務の社員にとっては残業を正確に把握することで、部門間の仕事の割り振りを明確に検討することができるため、会社にとっては有益なシステムになるだろうと思います。また、タイムカード管理の場合には全社員の出勤時間を正確に集計する手間が掛かっていたのですが、ICカードによるパソコン管理だと出勤時間の集計はリアルタイムでできるので改めて集計する必要がありません。また、手計算と違って常に計算は正確なので総務部の作業が軽減されるメリットがあります。パソコン環境にない会社は今や皆無だと思います。

パソコンがあれば仮に外勤の人でもICカードを差し込むパソコンを用意できればそれで出勤退勤を管理することが可能になるシステムもあるようです。そうなれば、もはや手書きの出勤簿やタイムカードは不必要になります。これからの時代は各自ICカードを所持して出勤する形がスタンダードになるのかもしれませんね。